ドイツ 環境保全技術部門のデジタル化に関する研究結果を報告


 ドイツ連邦環境省は、環境保全技術部門(GreenTech)のデジタル化によるチャンスと課題に関する研究を、ローランド・ベルガー社に委託し実施した。ドイツにおける環境保全技術部門は既に高く発展した成長市場となっており、研究では、デジタル化により、環境保全技術の需要は今後さらに増加し、その市場規模は、2025年には追加的に200億ユーロになるという。また、環境技術トランスフォーメーションにより、2025年には、5000万トンのCO2削減が可能だとしている。一方で、デジタル技術は、ビジネスモデルや企業の流れも変え、多くの企業は、デジタル・トランスフォーメーションのスタート位置にいるにすぎないことから、チャンスを活用するためには対策を講じる必要があることを指摘している。【ドイツ連邦環境省】


ページトップへ