ドイツ 「気候保護行動計画2020」が経済成長と雇用創出をもたらすとする研究結果を公表


 ドイツ連邦政府は、2014年に策定された「気候保護行動計画2020」により、追加的な経済成長と雇用創出が達成するとの研究結果を公表した。これは、連邦環境省が同計画の経済評価を調査するためにプライスウォーターハウスクーパースに委託し、実施されたもの。研究によると、同計画は、国内総生産の1%の創出に値し、2020年には43万人弱の追加的雇用の創出が見込まれるという。費用対効果の分析では、温室効果ガスの削減により費用の削減も進むとし、家庭部門だけでも、行動計画における対策実施によるエネルギー費用の削減により、合わせて260億ユーロの削減が見込まれるとしている。【ドイツ連邦環境省】


ページトップへ